Class Central is learner-supported. When you buy through links on our site, we may earn an affiliate commission.

Microcredential

Cloud Architecture with Google Cloud 日本語版

Google Cloud and Google via Coursera Specialization

Overview

Google Cloud 認定資格を取得したユーザーのうち 87% が、クラウド関連のスキルについて一層自信がついたと感じています。このプログラムでは、キャリアアップに必要なスキルを身に付け、業界で一目置かれる Google Cloud Associate Cloud Engineer 認定資格の取得に向けたトレーニングを受けることができます。 Google Cloud 認定資格の取得までのステップ: 1. Coursera の Cloud Engineering with Google Cloud プロフェッショナル認定資格取得向けプログラムを修了する 2. Google Cloud Associate Cloud Engineer 認定試験に関するその他の推奨リソースを確認する 3. Associate Cloud Engineer の試験ガイドを確認する 4. Associate Cloud Engineer 認定試験の質問例に回答する 5. Google Cloud 認定資格取得のための登録を行う(リモートまたはテストセンターでの受験) 応用学習プロジェクト このプロフェッショナル認定資格取得に向けたプログラムには、Qwiklabs プラットフォームを使用したハンズオンラボが組み込まれています。 こうしたハンズオン コンポーネントにより、学んだスキルを実際に使ってみることができます。プロジェクトでは、Google Cloud Platform のプロダクトを Qwiklabs 内で使用できるようになっています。モジュール全体で説明されている概念を使用して、実践的な経験を積むことができます。

Syllabus

Course 1: Google Cloud Platform Fundamentals: Core Infrastructure 日本語版
- このコースでは、Google Cloud Platform(GCP)の操作に必要な重要な概念と用語について説明していきます。Google Cloud Platform で使用できる Google App Engine、Google Compute Engine、Google Kubernetes Engine、Google Cloud Storage、Google Cloud SQL、BigQuery などのさまざまなコンピューティング サービスとストレージ サービスについて説明し、それぞれを比較します。さらに、Google Cloud Resource Manager のリソース階層や Google Cloud Identity and Access Management といった、リソースとポリシーを管理するための重要なツールについても説明します。ハンズオンラボでは、GCP を操作するための基本的なスキルを習得します。 注: • 現在、Google のサービスは中国では利用できません。

Course 2: Essential Cloud Infrastructure: Foundation 日本語版
- この 1 週間のオンデマンド速習コースでは、Google Cloud Platform が提供する包括的で柔軟なインフラストラクチャとプラットフォームのサービスについて紹介します。動画講義、デモ、ハンズオンラボを通してさまざまなソリューションの要素について学び、実際にデプロイしてみます。これにはネットワークや仮想マシン、アプリケーション サービスなどのインフラストラクチャ コンポーネントも含まれます。Console と Cloud Shell を使用して Google Cloud Platform を操作する方法についても学習します。また、クラウド アーキテクトの役割、インフラストラクチャ設計の方法、Virtual Private Cloud(VPC)を使用した仮想ネットワークの構成、プロジェクト、ネットワーク、サブネットワーク、IP アドレス、ルート、ファイアウォール ルールについて学習します。 要件 このコースを最大限に活用するには、次の条件を満たしている必要があります。 • Google Cloud Platform Fundamentals(Core Infrastructure または AWS Professionals)を修了しているか、同等の経験がある • コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルがある • システム運用の経験がある(オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理を含む)

Course 3: Essential Cloud Infrastructure: Core Services 日本語版
- このオンデマンド速習コースでは、Google Cloud Platform が提供する包括的で柔軟なインフラストラクチャとプラットフォーム サービスについて紹介します。受講者は、動画講義、デモ、ハンズオンラボを通してソリューションの各要素について学習し、演習を行います。これらの要素には、ネットワーク、システム、アプリケーション サービスなどのインフラストラクチャ コンポーネントが含まれます。また、ネットワークの安全な相互接続、顧客指定の暗号鍵の使用、セキュリティとアクセスの管理、割り当てと請求、リソース モニタリングなど、実用的なソリューションの実装についても学習します。 受講条件: このコースで効果的に学習するには、次の条件を満たしている必要があります。 • Completed Google Cloud Platform Fundamentals(Core Infrastructure または AWS Professionals)を修了しているか、同等の経験がある • Essential Cloud Infrastructure: Foundation を修了しているか、同等の経験がある • コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルがある • システム運用の経験がある(オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理を含む) >>> よくある質問に記載のとおり、このコースに登録すると Qwiklabs の利用規約(https://qwiklabs.com/terms_of_service)に同意したことになります。
Course 4: Elastic Cloud Infrastructure: Scaling and Automation 日本語版
- このオンデマンド速習コースでは、Google Cloud Platform が提供する包括的で柔軟なインフラストラクチャとプラットフォーム サービスについて紹介します。受講者は、動画講義、デモ、ハンズオンラボを通してソリューションの各要素について学習し、演習を行います。これらの要素には、ネットワーク、システム、アプリケーション サービスなどのインフラストラクチャ コンポーネントが含まれます。また、ネットワークの安全な相互接続、負荷分散、自動スケーリング、インフラストラクチャの自動化、マネージド サービスなど、実用的なソリューションの演習も行います。 受講条件: このコースで効果的に学習するには、次の条件を満たしている必要があります。 • Google Cloud Platform Fundamentals(Core Infrastructure または AWS Professionals)を修了しているか、同等の経験がある • Essential Cloud Infrastructure: Foundation を修了しているか、同等の経験がある • Essential Cloud Infrastructure: Core Services を修了しているか、同等の経験がある • コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルがある • システム運用の経験がある(オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理を含む) >>> よくある質問に記載のとおり、このコースに登録すると Qwiklabs の利用規約(https://qwiklabs.com/terms_of_service)に同意したことになります。
Course 5: Reliable Cloud Infrastructure: Design and Process 日本語版
- 本コースでは、実績ある設計パターンを利用し、信頼性と効率に優れたソリューションを Google Cloud で構築する方法を学習します。本コースは Architecting with Google Compute Engine または Architecting with Google Kubernetes Engine の後続コースであり、これらいずれかのコースで取り上げられているテクノロジーを習得済みであることが受講の前提になります。講義、設計アクティビティ、ハンズオンラボを通して、信頼性と可用性が高く、安全でコスト効率に優れた Google Cloud デプロイメントを設計するためのビジネス要件と技術的要件をバランス良く定義する方法を学びます。 このコースでは、以下のスキルについて学習します。 ● 問い、テクニック、設計上の考慮事項からなるツールセットを適用する ● アプリケーションの要件を定義し、KPI、SLO、SLI として具体的に表す ● アプリケーション要件を細分化し、適切なマイクロサービス境界を見つける ●Google Cloud のデベロッパー ツールを利用して、自動化された先進的なデプロイ パイプラインを設定する ● アプリケーションの要件に基づき、適切な Cloud Storage サービスを選択する ● クラウド ネットワークとハイブリッド ネットワークを設計する ● 主要なパフォーマンス指標とコストのバランスを保ちつつ、信頼性がありスケーラブルで復元性に優れたアプリケーションを実装する ●アプリケーションに適した Google Cloud デプロイメント サービスを選択する ● クラウドのアプリケーション、データ、インフラストラクチャを保護する ● Google Cloud ツールを使用してサービスレベル目標とコストをモニタリングする 前提条件 ● Architecting with Google Cloud Platform Specialization または Architecting with Google Kubernetes Engine の先行コースを修了している、または同等の経験を有すること ● コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境の基礎を習熟していること ● システム運用の経験(オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイや管理を含む)を有すること

Course 6: Preparing for the Google Cloud Professional Cloud Architect Exam 日本語版
- コースより抜粋: 「最善の試験対策は職務に必要なスキルを身に付けることである」 このコースではトップダウン アプローチを用いて既知の知識とスキルを把握し、情報とスキルが不十分な分野を特定します。本コースを受講することにより、独自の対策計画を立てることができます。わかっていることとわからないことを明確にし、この職務の担当者に必要なスキルの習得と向上にお役立てください。 本コースでは試験ガイドの概要に沿って、受講者が特定の分野と関連する概念を十分に理解しているか、またはさらなる学習が必要かを判断できるように、「判断基準」となる概念を提示します。また、ケース分析、技術的に注意すべきポイントの特定、提案ソリューションの開発などの認知スキルを含む主要な職務スキルについて学び、実践する機会も用意されています。これらは職務スキルであると同時に試験スキルでもあります。また、アクティビティ トラッキング チャレンジラボを使って基礎能力もテストします。試験問題と同じような例題と解答も多数用意されており、コースの最後には採点式ではない模擬試験問題と、受験を想定した採点式の模擬試験問題が含まれています。

Courses

Taught by

Google Cloud Training

Related Courses

Reviews

0.0 rating, based on 0 reviews

Start your review of Cloud Architecture with Google Cloud 日本語版

Never stop learning Never Stop Learning!

Get personalized course recommendations, track subjects and courses with reminders, and more.

Sign up for free